購入サイトへ

ニュース

  • 2014/6/19
    日本経済新聞朝刊に広告が掲載されました。

  • 2014/6/17
    伊集院光さんがTBSラジオ『深夜の馬鹿力』でとりあげてくれました。内容はこちら

  • 2014/6/15
    日本テレビ『笑点』で三遊亭円楽師匠が 『企画は、ひと言。』を紹介してくださいました。

  • 2014/6/13
    文教堂カレッタ汐留店で1位になりました。

  • 2014/6/12
    リブロ汐留店でランキング1位に!
    文教堂赤坂店でランキング1位に!

    リブロ汐留店

  • 2014/6/11
    Yahoo! JAPANニュースビジネスに取り上げていただきました。

  • 2014/6/10
    ブックファースト銀座コア店ビジネス書ジャンル5位に!
    福家書店市川店8位にランキング入り!

  • 2014/6/7
    イノベーションズアイで連載が始まりました。こちらから。

  • 2014/6/4
    文教堂カレッタ汐留店で5位にランクイン

    文教堂カレッタ汐留店

  • 2014/6/3
    リブロ汐留店で総合2位にランクイン

    リブロ汐留店

  • 2014/6/2
    『夕刊フジ』で連載スタートしました。

  • 2014/5/31
    発売2日目で増刷が決まりました!

  • 2014/5/30
    公式サイトオープンしました!

  • 動画

    ゲストに三遊亭円楽師匠をお招きした出版前特別イベントの動画です。

    試し読み

    ダメ企画マンが25年間、放送作家を続けられた理由



    私は25年間、テレビ番組の放送作家をやってきましたが、駆け出しの頃は、とにかく企画をつくることが苦手でした。
    企画を通す力がないと、台本を書かせてもらえません。
    つまり仕事にならないのです。
    ところが、若手放送作家だった頃、どんな企画を立ててもまったく通らない状態が続いていました。
    (略)
    「そのこと」について考え、実践するようになると、驚くべきことが起き始めました。
    企画が、面白いように通るようになったのです。
    やがて通した企画の台本を書かせてもらえるようになり、その番組が高視聴率を獲得するようになりました。
    そして、担当した番組が国内外の賞をもらったり、新番組の立ち上げに加えてもらったりすることも増えていきました。
    気づけば30年近くも、大好きな仕事を続けることができました。
    すべてはあの日、企画を実現する、たったひとつのコツをつかんだおかげです。

    ーーはじめに より

    試し読みはこちら

    読者の声

    読者の皆様のブログ上に掲載されたレビューなど、順次ご紹介します

    ”昨日、『企画は、ひと言』購入しました。私は年間200冊は本を買いますが、正直、この本は今年のベスト3に間違いなく入ります。何より、企画の専門家だけでなく、ビジネスを新たに考える上でも、もっと言えば、日々の営みの中での思考にも大変役立つ内容ですね。”

    N・Tさん

    ” 話の流れはTVの「企画」の作り方について書かれています。私たちは出来上がったキャッチコピーを見て「ひと言」だと勘違いしがちです。
    しかし、本当は「他人に自分の思いを分かりやすく伝えるため、考えをまとめた言葉」が著者のいう「ひと言」です。
    本物の「ひと言」をつくるため、「自分の考え方のまとめ方」や、「新しいアイデアを出すためのヒント」などのヒントが詰まっています。
    そのため、「企画を作る」時のみならず、職場でお客様の理解を求めるために話す内容を決める時、何かのプレゼンをしなければならない時など、とにかく「自分の思い」を伝えたい時に、とても役に立つと思います。
    もしかすると、就活中の人などは、この本の通りにやれば、採用担当者の心を動かす「志望の動機書」が書けるのではないかな?と思ったりしました。”

    H・Cさん

    ” なかなかアイデアが出てこない。いいフレーズが思いつかない。なぜか思いが伝わらない。
    こういった悩みを抱えている人は、少なくないのではないでしょうか。
    企画の部署にいなくても、何かを提案するという意味では、どんな仕事でも必要な企画力。
    振り返ってみても、企画を学ぶ機会というのは、少なくとも学校の授業にはなく、基本的には独学です。でも、仕事では求められる。本などで勉強をしてみたところで、いい企画は生まれない。そうやって悩む人が多いから、企画に関する本は毎年のように出版されています。本書は、その負の連鎖から脱出をするための1冊です。”

    D・Oさん

    著者について

    石田章洋(いしだ・あきひろ)

    放送作家。日本脚本家連盟員・日本放送協会会員。1963年12月生まれ、岡山県出身。
    プランナー&ライターズオフィス、株式会社フォーチュンソワーズ代表取締役。
    日本大学在学中に三遊亭円楽(当時は楽太郎)に弟子入り。落語家になるも数年後、放送作家に転身。以来、25年以上にわたり、各キー局のバラエティ番組・情報番組・クイズ番組・報道番組など、あらゆるジャンルのテレビ番組で企画・構成を担当。
    手がけた番組の合計視聴率は5万%を超える。
    最近の主な担当番組は『世界ふしぎ発見!』(TBS)『TVチャンピオン』(テレビ東京)『情報プレゼンターとくダネ!』(フジテレビ)『BSフジLIVEプライムニュース』(BSフジ)など。
    特に、構成を手がけた「世界ふしぎ発見!〜エディ・タウンゼント 青コーナーの履歴書」は第45回コロンバス国際フィルム&ビデオ・フェスティバルで優秀作品賞を受賞するなど番組の企画・構成に関して高い評価を受けている。
    著書に『スーパー速書きメソッド』(マイナビ新書)など。